日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

バスケで履くズボンを紹介

バスケの練習で履くおすすめのズボンは何がいいでしょうか?また、試合で履くズボンには長さの規定がありますよ。何を履いてもいいわけでなはないようです。バスケのズボンを紹介します。

ズボンをしっかりと選びましょう

バスケットボールを行うときに使うユニフォームズボンについてのご紹介をしていきたいと思います。あまり機能性の低いズボンを選んでしまうとせっかく常日頃からきつい練習を重ねても、試合で思うようなパフォーマンスができなかったなんてことになりかねません。予め自分の体にあったズボンを選んでどんな試合でも最高のパフォーマンスを発揮できるように工夫するようにしていきましょう。まずは大前提としてバスケットボールで使うユニフォーム

大前提、規定を理解するようにしましょう

そもそも大前提として、あなたはバスケットボールのユニフォームズボンに長さの規定があることをご存知ですか?試合の年代を問わず、バスケットボールのユニフォームズボンは膝の頭を超えると公式戦で使うことができません。もしも公式戦使いたい場合は膝にかからない長さのものを選ぶ必要があるでしょう。時々きちんとしたバスケットショップでもこの規定をオーバーしたものが販売されていることがあるので(購入者の身長にもよりますが)きちんと自分が購入するパンツが規定をオーバーしていないかを確認するようにしておきましょう。

ユニホームを選びましょう

規定がどのようになっているのかがわかったら、いよいよ本番のユニフォーム選びです、オススメのメーカーはアンダーアーマーがデザインしている商品です。アシックスやアディダスなどと比べると少し高いイメージのあるアンダーアーマですが、その機能性は折り紙つき。練習から試合まで、幅広いシチュエーションでの活躍が期待されます。他のメーカーのものもあるといいですが、最初の一着はこのアンダーアーマのものを選びましょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます