日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

スノーボードのバッジテストを受けよう

スノーボードのバッジテストを受けて自分の実力を確認しましょう。スノーボードのバッジテストとは何か?やバッジテストを合格するコツなどを紹介します。実力がついてきたら受けてみましょう。

スノボ検定、バッジテストについて

最初のうちは滑ることもおっかなびっくりだったけど、いつの間にか簡単に滑れるようになり、もう初心者じゃなくなった時、一つの疑問が浮かびます。自分はどれくらい上手いのか。プロの足元には及ばないのはわかっていても、普通に滑っている人よりは上手いんじゃないか、それともまだ下手なのか。それがだんだんと気になってきてる人は多いと思います。そんな人のためのバッジテストです。バッジテスト、いわゆる検定テストのことです。ここでは、スノーボードのバッジテストについて紹介していきましょう。

団体公認のスノボ検定です

スノーボードのバッジテストは、公益財団法人日本スノーボード協会が行っているテストです。このテストは日本スノーボード協会に加入していなくて設けることができるので、受けたい場合は気軽に受けることができます。最初は5級からはじまり、簡単なテストです。その後、級が上がれば上がるほどテストの難易度は上がっていき、最終的に1級を目標として試験を受けていきます。1級の試験に合格すれば、もう自分はすごく上手いぞと自慢できるほどの腕前であり、上級者の仲間入りです。

テストは傾向と対策が大事

昇級試験の項目は、テストによってランダムではなく、きちんと決まっているため、試験を受ける前に十分な練習をすることができます。詳しいテスト内容は検索すればすぐに見つけるtことができますよ。きちんと練習し、できるようになり、披露する。そうすることによって1級と呼ばれる実力を身につけることができるようになります。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます