日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

スノーボード板の形状

スノーボードの板にはいくつか形状があります。その中で定番なのがキャンバーボードです。自分のスノーボードのスタイルに合わせてボードの形状を選びましょう。それぞれの特徴を紹介します。

基本的な形状のキャンバー

キャンバーと呼ばれる形状のスノーボード板は、様々な形状がある板の中でも最も基本的な形状と呼ばれています。どういった形状をしているのか簡単に説明すると、横から見た時に板の形が「W」のように湾曲しており、中心が少し浮いているような形になっています。まだスノーボードを初めたばかりの人におすすめできる形状です。

グラウンドトリックをしたいなら

グランドトリックをとにかく極めていきたいという方には、ロッカーと呼ばれる形状の板がおすすめです。このロッカー形状の板はキャンバーとは違って「U」のような形の形状をしています。雪面と触れるのが底の一点のみなので様々なトリックを行いやすいことや、逆エッジを起こしにくいことが人気の理由となっています。

オールラウンドに何でも楽しみたいなら

色々な種目や楽しみ方のあるスノーボードですが、全てをオールラウンドに楽しんでいきたいという方にはダブルキャンバーと呼ばれる形状の板がおすすめです。この板は名前からも分かる通りキャンバーの形状が二つ重なった様な形をしており、「V」が三つ並んでいる様な形状です。この形状はロッカーとキャンバーという二つの形状の利点を取り入れているため、様々な場面で使いやすい板となっています。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます