日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

スキー事故防止対策を紹介

スキーで事故をしないために対策を紹介します。ひとりひとりがスキーを安全に楽しむことで、スキー場にいる全員の安全を保つことができます。また、服装選びや実力にあったコース選択も事故防止につながります。

スキー事故の危険性を理解しておこう

ウィンタースポーツのスキーは自然の中でするとても開放感のある健康的なスポーツですがその反面常に危険と隣り合わせの面もあります。例えば誤ってコース外に出てしまい崖から転落してしまったりや、雪崩に巻き込まれて生き埋めや窒息死をしてしまったり、木や人にぶつかって怪我をしてしまったりなど数え上げるとキリがないくらい事故が起こっているのです。このような事故に遭遇しない為にも防止対策をしっかりと頭に入れておきましょう。

スキー事故を防止するには?

スキーでの事故を防止するには、新雪で圧雪を行っていない雪面は雪崩が起こりやいです。また新雪ではふかふかの為に、一人で脱出できなくなったりする場合もあります。その為、圧雪をしていないコース外で滑るのはやめましょう。また滑っている時にうっかりコースの外に出てしまわないように標識などを確認しながら滑りましょう。

その他の防止対策には何がある?

吹雪が酷いなど、気象条件が悪い時は無理してそのまま滑るのはやめて早めに切り上げたりしましょう。また自分の実力に見合ったコース選択を心がけましょう。初心者なのにいきなり上級者コースなどで滑るのは骨折などの怪我の原因ともなり危険です。またスキー場は気温も寒いのでインナーなどで防寒対策はしっかりと行って身体の保温に十分に気をつけましょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます