日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

お正月飾りの豆知識を紹介

お正月飾りは年賀状などと同じく忘れてはいけないものですよね。そんなお正月飾りの飾る時期や処分方法などを紹介します。意外と知らないことが多いのではないでしょうか?

お正月飾りを飾る時期

正月飾りを飾るのは、一般的に12月の13日から30日とされています。しかしながら、29日の9は「苦」に通じており、縁起が悪いとされているのでこの日は飾りを外しておくべきだとされています。大晦日の31日に飾ることを「一夜飾り」と言い、新年においでいただく神様には失礼になってしまうので、30日までに飾り終えるのが正しいです。

正月飾りのそれぞれの飾り方

正月飾りにはそれぞれ意味があり、飾る場所も違いますよね。門松は神様がこれを目印においでになるので、門に。家の中を年神様をお迎えするために清めてあります、という意味合いの注連飾りは玄関に。ちなみに使われる縄にもそれぞれ意味があるので覚えておきたいところです。そして、神様へ捧げる神聖な食べ物とされる鏡餅は、家の中で最も格が高いところへおくのが正しいとされています。

処分方法はどうしよう?

正月飾りを外したあと、処分に困りますよね。処分方法として最適なのは、定められた期間内に近所の神社へ持っていくことです。各地方で、1月15日の小正月に行われる「どんど焼き」や「お炊き上げ」などでお正月飾りを集めて焼きます。この火で焼かれた餅を食すと無病息災で過ごせるとも言われています。きっちりした場所で、きっちりした処分方法を行いましょう。決して家庭のゴミなどと一緒に……なんてことはしないでくださいね。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます