日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

ゴルフの要パッティング

パッティングはゴルフのスコアに大きく影響がでますよね。パッティングの技術を磨くことはゴルフのスコアの向上に繋がるといっても過言ではありません。パッティングのコツなどを紹介します。

パッティング精度の高さが勝敗を握り

よくテレビでパッティングをするプロゴルファーを見掛けますよね。グリーン上にあるボールを、数mも遠くにあるカップを沈めようとするプロゴルファーの集中力は計り知れません。恐らくゴルフの中で一番緊張する場面は、パッティングではないかと私は考えられます。パッティングの精度の高さが勝敗に左右されると言っても過言ではないのです。

理想的なパッティングを可能にするために

パッティングにも適正なアドレスがあります。まずは、スタンス幅は肩幅よりも狭くしてから、背筋を伸ばし股関節から前傾姿勢を取るようです。それから両脇を締めて肘を少し曲げます。このときに腕で五角形を作ることを意識してください。左目の真下にゴルフボールがあるように調整します。以上のことを守ることで、理想的なパッティングが実現するはずです。

パッティングがし易いアドレスとは

先の見出しで、ゴルフのパッティングのアドレスについて説明しましたが、どうやらそのアドレスには特に決まりがあるわけではないようです。ですので、自分がパッティングをし易いアドレスを見つけることも大切になってきます。人それぞれ体格が違えば身体能力に違いがありますし、同じアドレスのパッティングにしてもやり易さで個人差が出てくるのは当然ですよね。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます