日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

ゴルフスイングの捻転とは

ゴルフスイングの動作は腰を回すことではなく捻転させているのです。多くのゴルフ初心者の方が誤解しているのではないでしょうか。ゴルフスイングで重要な捻転を紹介します。

腰と肩の捻転差について

ゴルフの飛距離アップは、肩と腰の捻転差によって生み出されるものだと言われているようです。一方で、肩と腰は連動するものだから、腰を大きく回せば肩も大きく回せるようになり、飛距離アップにつながるという考え方もあるとのこと。一体どっちの考え方が正しいの?と疑問に感じてしまう方が居ても無理もないですよね。ということで、その疑問はここで解消したいと思います。

腰の回転速度を速くすることの重要性

飛ばし屋と呼ばれているプロゴルファーが居まして、腰の回転を最大にすることで、肩の回転も最大になるとおっしゃっていました。実力のあるプロゴルファーがそう言うのですから、腰を回転させることが理に適っているのが皆さんもお分かりいただけるかと思います。今までできるだけ大きな捻転差を作り出すことを意識しつつゴルフをしていた方は、ここらでその考え方を変えてみるのもいいかもしれません。

バックスイングを大きくすることで

先の見出しの続きで、腰を回転させることに加えて、右足のつま先を外側に開くことで、バックスイングで腰を右に回転させ易くなるとのことです。その結果バックスイングが大きくなり、ヘッドスピードが上がるようなので、飛距離アップの手段として実践してみると良いかもしれませんね。ここでは捻転の差を小さくすることのメリットを上げましたが、この方法が自分に合っていると感じた方は、是非その方法を取り入れてゴルフの腕を磨いてください。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます