日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

バスケットボールのスコアを紹介

バスケットボールでもスコアを書きます。このスコアの書き方や見方を知っていますか?選手や監督にとっては貴重なデーターにもなるので正しいスコアの書き方を覚えておきましょう。バスケ部マネージャーの方必見です。

スコアブックの書き方を覚えましょう

バスケに限らずどんなスポーツにもいえることですが、選手を支えるマネージャーが一人チームにいればチームの運営はグッと楽になります。道具の準備やパスだしの手伝いなど、マネージャーの存在はチームを大きく支えます。それは消して普段の練習だけの話ではなく、公式戦などの実践においてもかわりません。マネージャーがスコアブックを管理することができれば、選手は試合のデータをえることができ、今後の試合の情報分析を執り行えます。マネージャーを志望している方はスコアブックの書き方を覚えましょう。

スコアブックには何をかきこめばいいの?

スコアブックは大きく分けて試合前に書き込むこと、試合中に書き込むこと、試合後に書き込むことの三種類にわけられます。出場選手や監督、スコアラーの名前は試合に書き込んでおく事項です。どの選手がどんな動きをしているかを判断するためにも名前は必ず試合前に書いておくようにしておきましょう。タイムアウトの記録や得点の記録なども毎回とらなくてはなりません。スコアラーは結構試合中やることが多いので、選手並に試合に手中する必要があるでしょう。

スコアブックがかける人は選手並に重要

選手一人一人の動き以外にも、例えばファールの種類などにも気を使わなければいけません。ファールのスコアブックへの記入はそのファールの種類によって書き方が異なるため、スコアブックを書き込むひとは選手以上にしっかいとルールを把握して置かなければならないでしょう。スコアブックは選手並に大変な仕事ですが逆を言えば一人スコアブックを書ける人がいればチームは大助かりしますよ。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます