日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

ゴルフは前傾姿勢がよい

ゴルフでは前傾姿勢で打つショットがいいとされています。前傾姿勢のメリットやコツなどを紹介します。スイングで悩んでいる方がいればゴルフの練習の参考にしてみてください。

前傾姿勢をし易くするための方法

ゴルフをされている方は、前傾姿勢が飛距離アップのコツだと知っていましたでしょうか?多くの方は、前傾姿勢って簡単じゃないの?と思われるかもしれませんが、ここで紹介するコツを掴むことで、今以上に前傾姿勢にし易くなります。それは自分よりも体重が重い人をおんぶする場面を想像することで、前傾姿勢のイメージが具体的になるというものです。

前傾姿勢を取ることで得られるメリット

アドレスで前傾姿勢を取ることで、股関節がちゃんとはまって動き易い状態になるのだそうです。確かにボールを打つときは体の回転が必要になってきますし、体が回転し易い状態にするために股関節の稼動率を高めるのは納得がいきますね。下半身を上手く使うために、前傾姿勢がポイントになってくるんですね。これからゴルフを始められる方は、是非正しい前傾姿勢の取り方をマスターしてください。

思い通りのショットを打つために

前傾姿勢を取ることで膝がいい具合に曲がり、懐に程良いスペースができるみたいです。これで腕が振り易くなるとのこと。前傾姿勢でこんなメリットがあるのは盲点だとお感じの方が少なくないのではないでしょうか。前傾姿勢で腕が振り易くなれば、思い通りのショットが打てるようになりますね。前傾姿勢にはゴルフプレイヤーの真価を発揮する可能性が秘められていると言っても過言ではありません。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます