日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

スキーの遭難しないためには?

遭難は山岳スキーで多く見られます。遭難しないために必ず対策をたて準備しておくことが大切です。また、スキー場でも天候の悪化や禁止区域での滑走により遭難することがあります。

遭難しないための心構え

山岳スキーなどの場合によくニュースにもなっている遭難事故ですが、遭難しないために心がけておきたい心構えを紹介しておきたいと思います。まず意識しておいて欲しいのが、「無駄かもしれないけど、もしかしたら危ないかもしれない」という考えを持って、危険に対して回避する行動を取るといことです。災害などに遭った際に助かった人は、おおよそ5秒から70秒の間にその危険に対して回避行動を取っているそうです。自分は大丈夫という意識は持たず、慎重になることを心がけましょう。

遭難しないためには仲間作りも大切

遭難をしないためには強い体力や優れた技術、豊富な知識を持っていることももちろん大切ですが、それ以上に山での仲間を作ることが重要だと言われています。誰かと行く際には自分のレベルに対して行く山を選ぶのではなく、一緒に行くメンバーの中で最も不慣れな人のレベルに合わせて山を選ぶことが大切です。皆んなで協力して遭難しないように心がけておきましょう。

かかる費用と保険についての知識

遭難した場合などには救助隊の方にお世話になることになる場合がほとんどですが、もちろん無料で助けてもらえるわけではありません。万が一遭難した場合に備えてしっかり自分が入っている保険に関して見なおしておくことが必要です。また、遭難中の行動による落ち度や貢献度によって責任の重さというものも変わってきます。その点に関しても事前の調査を怠らないようにしておきましょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます