日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

スノーボードのリーシュコード

スノーボードをするときは必ずリーシュコードを着用しましょう。リーシュコードをつけることで事故を防ぐことができます。スノーボード初心者の人のためにリーシュコードを紹介します。

スノボーのマナー「リーシュコード」

みなさんスノボーにはリーシュコードという道具があるのをご存知でしょうか?あまり日常生活でも聞きなれない単語ですが、スノボーのマナーとして着用することが推奨されています。リーシュコードとはボードとライダーを結びつけるコードで、ボードが流れてしまうことを防いでくれます。ボードが流れると他の人の怪我に繋がる可能性があるので、流れないようにリーシュコートをつけるのがスノボーのマナーの一つです。

リーシュコードの種類をご紹介

リーシュコードにもいくつかの種類が存在します。一番主流なのが足に巻いてバインダーに結びつけるタイプです。足に巻くタイプなので外れてしまう心配がほぼありません。他にもあまり目立たないリング型もあります。これはブーツの紐にひっかけてボードとブーツをつなぐタイプのリーシュコードです。リーシュコードを付けた際の外見を気にする方や持ち運びをなるべく少量に済ませたい方にオススメです。

リーシュコードも定期的にチェックしよう

体(主に足)とボードを結びつけるリーシュコードですが、他の用具と同様に定期的にチェックするのが好ましいです。なぜなら、あまり状態がよく無いリーシュコードを使うと、リーシュコードが切れてしまい結果的にボードが流れてしまうことがあるからです。ボードが流れると前にいる人達が本当に危険になるので、なんとしてでも未然に防ぐように心がけましょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます