日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

車でスキー場に行く時の注意点

車でスキー場へ行くときは雪道に十分注意をしましょう。特に雪道になれていない人や普段あまり車を運転しない人は要注意です。事故をするとスキーが楽しめないだけでなく、他の人にも迷惑がかかります。

雪国運転術を熟知しておきましょう

雪国での運転にはコツがいくつかあります。まずは、止まるときに強く踏み込みすぎないこと。ブレーキを強く踏み込んでしまうと、タイヤがソリの役割を果たしてしまい、車のコントロールが効かなくなります。できるだけポッピングブレーキを心がけましょう。他にも、車間距離を十分開けておくことや、アクセルをふかさない。ドアロックの凍結に注意を払うなど、いろんな点があります。

運転以外の安全面もしっかりと

運転をする際の事故に注意を払うのは当然のこと。ですが、車自体の安全面にもしっかりと気を配りましょう。いざというときのために、車内にスコップ・雪落とし・長靴・グローブ・ブースター・索引用ワイヤーは積んでおくべきです。また、カーナビに頼り過ぎるのも実は危険です。冬のみ通行が禁止になる道があったりするからです。そして、サイドブレーキやドアロックの凍結。春スキーでなければ駐車時はサイドブレーキもドアロックもしないでおきましょう。ただし、セキュリティの問題も。どうしても、というときはドアロックはお湯で溶かしてしまいましょう。

車が雪に覆われてしまったら

駐車場に戻ってくると車が雪に覆われていた、なんてこともあります。そんなときも慌てずに落ち着いて対処してください。車の周りの雪を除き、エンジンをかけてすぐに前進させる。そして除雪準備ができたらボディから順番に除雪をしましょう。少し間違うととても危険な雪国での車運転ですが、細心の注意をすれば大丈夫でしょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます