日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

関西でさくらんぼ狩りに行こう

さくらんぼ狩りは関東や東北のイメージが強いですが関西でも楽しむことができますよ。時期はやや短いところが多いようですが、関西に住んでいる人でも気軽に行くことができますよね。関西のさくらんぼ狩りを紹介します。

さくらんぼ狩 関西は兵庫県と滋賀県

関西でさくらんぼ狩のできるところは少ないです。おそらく、兵庫県と滋賀県だけでしょう。大阪など、たしかにさくらんぼのできる桜の木を植えているところがありますが、それも1本か2本ぐらいで自家用に植えているだけです。兵庫県、滋賀県でスキー場の近くの農園がさくらんぼを商業的に栽培しているようです。たしかにさくらんぼは寒い地方で栽培されている果物ですが、京都にそのような農園はありませんね。

関西のさくらんぼ狩の時期

短いです。中には5月下旬に始まるところもありますが、ほとんどの農園は6月上旬から、6月下旬までです。しかも、完全予約制というところもあります。つまり、予約しないで直接行っても入園できないのです。これは農園の規模が小さいためかもしれません。また、さくらんぼ狩の期間が短いためでしょう。関西はさくらんぼ狩の南限でしょう。ですから、時期も短く、農園も少なく、さくらんぼ狩の季節は込みそうです。初めに5月下旬に始まるところもあると書きましたが、そのような農園はわずかです。5月下旬から予約が始まると考えて、はやく予約をしたほうがよいでしょう。、

入園料は安いが、その他の規定は細かい

入園料は安いです。中には本場の山梨県の半額ぐらいのところもあります。わずか千円ぐらいで入園できるところもあります。料金体系も幼児、小学生、中学生以上、又は大人と別料金になっているところもあります。また、食べ放題と宣伝しているところも、食べ放題の時間は30分と決めているところもあります。その上、さくらんぼ狩は同じ農園でも品種によって入園料が別のところもあります。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます