日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

大学のバスケットボール

大学のバスケットボールを紹介します。関西や関東にリーグがあり日々しのぎを削っています。高校のバスケットボールとは違った迫力ある試合を見ることができます。大学のバスケットボールを紹介します。

バスケットボール:大学の世界

野球は甲子園、バスケはインターハイ、アメフトはクリスマスボウルと、高校スポーツにはそれぞれの最高峰があります。特に高校の甲子園は夏の一大イベントであり、多くの人が楽しみに見ます。しかし、スポーツにかける青春は高校で終わりではありません。青春に終わりはなく、大学で青春を完全燃焼させる人も多いのです。そして、大学のスポーツ界は高校よりも数段味の入った練習をするところがあります。今回は、そんな大学スポーツのバスケを見てみましょう

気合の入った大学とそうでない大学

大学になると、高校とは違ってくるものがたくさんあります。特に顕著なのがリーグ制です。大学では、強さによってリーグが別れており、強豪校などは一部リーグ、中堅どころは二部リーグ、そして弱小校は三部リーグと、はっきりとランク付けされています。そのため、度のリーグでも実力が伯仲した試合を見ることができます。そして、一部リーグはそんな中でも応援や試合内容がハイレベルな試合を堪能できますよ。

試合のクオリティについて

迫力ある試合を見ることができるのは、やはり一部リーグです。何がすごいかというと、選手のスキルも高ければ、応援にも熱が入っており、インターカレッジ(通称インカレ)ではテレビ中継もあるほど白熱した試合を見ることができます。逆に、三部リーグだと応援もまばらであり、少々寂しい試合風景なのが残念な話です。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます