日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

スキー用具はきちんとメンテナンス

スキー用具のメンテナンスには専用の道具を使用しない簡単な方法から、ワックスなどを使い手間暇かけて丁寧にする方法などがあります。初級から上級までのメンテナンスを紹介します。スキー用具が長持ちします。

オフシーズンに誰でもできるメンテナンス

ウインタースポーツであるスキーやスノボーでは、必然的にそこで使う道具も夏場などには使う機会がありません。しかしシーズン中はもちろんですがオフシーズンにもメンテナンスを怠っていては、道具はすぐに駄目になってしまいます。特にスキー板は雪上の黄砂、花粉、油などが付着して汚れているため、しっかり拭きとって清潔に保ちましょう。手間も余りかからない最低限のメンテナンスです。

スキー板はどこに保管する?

場所を取ってしまいがちなスキー板の保管場所ですが、風通しが良く日陰になっている場所が最適だと思われます。保管する際にはしっかりケースに入れておくことによって埃などの汚れが付いてしまうのを防ぐことができるので、ケースに入れて保管することを忘れないようにしましょう。逆に高温多湿の場所に保管してしまうと、板が変形したりしてしまうので避けた方が良いでしょう。また、保管の際にはバインディングは外して保管するようにしましょう。

少し手間をかけてしっかりメンテナンス

板についた花粉や油といった汚れを拭き取り、保管するのは誰にでもできる簡単なメンテナンス方法ですが、余裕のある方はもう少し手間をかけてみましょう。板を保管する際に汚れを落としたらワックスを塗るだけで、酸化を防止することができるのでおすすめです。また、エッジが錆びてしまった際には市販のサビ落としやサビ止めを使ってしっかりメンテナンスをするようにしましょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます