日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

スキーの地形コブを紹介

スキーにはコブとよばれる地形があります。スキー競技のモーグルで使用されています。このコブを攻略するための専門のスクールがあり、レッスンを受けることができます。コブの練習にぴったりです。

ただなめらかな坂だけではなく

スキーとは、ただなめらかな坂を滑るだけではありません。最初のうちはなめらかな坂を滑るだけでも楽しいのですが、慣れてきて上級者になると、わざと障害物のあるところを滑り、カーブを描きながら滑るのも面白いかもしれません。そのような障害物をコブといいます。今回は、そんな瘤があるスキー競技についてお話しましょう。

まずはレッスンを受けましょう

コブ斜面を滑るのは、今でと同じようには行きません。真っ直ぐではなく、うまくスキー板を滑らせ、コブをかわさなければならないからです。そのため、難易度はただ真っ直ぐ滑るだけとは雲泥の差であり、失敗すると少し痛い目にあってしまうかもしれません。痛いのは嫌だとお考えならば、まずはレッスンを受けましょう。コブ斜面の滑り方を行っているスキースクールで学ぶことで、安全かつ早めの上達が可能です。

基本を大事にしながら練習を

物事において大事なのは、基本をしっかりとマスターすることです。基本さえしっかりしていれば、けがをする確率は大幅に減り、いざというときの対応も動きやすくなります。やはり、テレビで見る選手のようにかっこ良く滑りたいと思うかもしれませんが、それは基本を積み重ね、上手くなってからのお楽しみにしておきましょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます