日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

スノーボードのスタンス幅

スノーボードの板のスタンス幅を変えることで滑りやすくなりますよ。上手く滑れない人はスタンス幅を見直す必要があるかもしれません。スノーボードの知識の一つとして覚えておきましょう。

スノボ上達のための知識

何度やってもうまくいかない人というのは多いです。そんな人に共通しているのは、何回も同じことを繰り返しているからなのです。失敗したことをまた繰り返し行なっても、奇跡が起きないかぎり失敗します。なので、効率的な練習をするためには、まずは考え方から変えていかなければならないのです。スノーボードならスタンス幅を変えるとか、曲がるタイミングを早くするとか、とにかく意識して何かを大きく変える必要があるのです。

ミスを恐れないというメンタル

どんなものでも、ミスを恐れてはいけないという考え方は根付いています。ミスを恐れて縮こまってしまっては、従来のパフォーマンスが発揮されないからです。これは、試合だけではなく、練習においても同じことがいえます。ミスを恐れて動きの修正もそんなに行わない場合、その分正解から遠ざかってしまいますし、成功への道のりも小刻みになってしまいます。時には、ドーンと失敗するつもりで挑むのも重要になってくるのです。

考えを変えるということの難しさ

練習の積み重ねが多ければ多いほど、人は考えを変えることが難しくなっていきます。今までの積み重ねによって得たものが崩れるのを恐れるためです。そのため、ひとは経験を積めば積むほど考えが変わりにくくなるのです。初心者のうちは、失敗することが前提なので、スノーボードをやるにしても、いろいろと試行錯誤してみましょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます