日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

初詣のお参りの作法

皆さんは初詣をするうえで気を付けていることはありますか?
初詣とは神様や仏様に一年の報告やお願い事をしに行く場ではありますが、意外とその基本的なマナーや作法が抜け落ちてしまっていることがあります。
では本来ならばどのようなお参りの仕方をすればよいでしょうか。
一連の流れをまとめてみたので順を追って確認していきましょう。

初詣をする上での心構え

初詣に行く際には、仮にも神聖な神社仏閣に向かうのですから、お酒を飲んでいない状態で行く場所に見合った格好で行ってください。
また、場所によっては出店や屋台があるところもありますが、境内の中での飲食は本来はしてはいけないことになっているので、控えたほうがよいでしょう。

お願い事をするまでの流れ

神社の鳥居は神様の玄関のようなものなので、「お邪魔します」という気持ちとともに一礼をして入ってください。
手水舎では柄杓で左手から手を清め、右手を清め終わったら左手に水を注いで口をゆすぎます。
最後に右手の柄杓で左手をすすぎ、水盤の上に伏せて置きます。

お願い事をするとき

いよいよお願い事をする場面になりました。
大まかな流れとしては、賽銭を奉納し、鈴を鳴らしてから拝礼をしてお願い事をします。
拝礼は神社では一般的に、「二拝二拍手一拝」をすることになっています。
また仏閣では手をたたかないで手を合わせた状態で目をつむってください。
お願い事をするときはまず神様に去年の報告をして、自分がどこの誰であるか、どんな願い事があるのかをできるだけ具体的にしてください。
そうすれば願い事が中途半端に聞き届けられることはないでしょう。

まとめ

このように作法の流れを見てみると意外と知らないことも多かったのではないでしょうか。
気持ちよくお願い事ができるように正しい作法を身に付けていきましょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます