日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

旅行時の服装 〜北海道編〜

北海道。皆さんは行ったことがありますか?広くて寒いイメージでしょうか。では確かめる為に是非北海道旅行を計画しましょう。今回は旅行時の服装として北海道編をおおくりします。
旅行時の服装を制する者は、北海道旅行も制する!とクラーク博士は、きっと言っていないと思いますが(笑)
ではまいりましょう。

重ねよう

全体的に涼しく寒いんですが北海道の地図の真ん中辺、ここは夏は暑いです。また道内全般、朝晩と日中の気温差が激しい事も特徴です。そこで寒さ暑さ両方大丈夫なのはズバリ「重ね着」です。暑ければ脱ぐ、寒ければ着るこのシンプルな法則を道内上陸以降あてはめましょう。

何を着るか

季節毎の違いをあげます。
春。厚手のコート、手袋、帽子があると良いですよ。リラ冷えという言葉があります。暦の上では春ですが
リラの花が咲くこの時期は、不安定で急に冷え込んだりするのです。

夏。朝晩は半袖では寒いのです。薄手のカーディガンを持ちましょう。

秋。厚手のコート、帽子、手袋で良いでしょう。ほぼ冬なのです。

冬。冬用コートに加え濡れ対策もお願いします。特に靴が大切です。積雪でも安心の長めのブーツ、さらに靴裏は滑り止めのついた物が必須です。

意外に使える

薄手のストールは便利ですよ。嵩張らず、首に、膝に、肩に使って保温出来ます。

ちょっとだけ服装に気をつけて北海道の空気と美味しい食べ物を存分に楽しんでくださいね。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます