日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

新年会の司会を頼まれた!締めのタイミングは?

新年会の幹事としては、特に会社関係などのオフィシャルの場合、準備から当日の手配まで気を遣うことが多いでしょう。ここまで順調にいけば、あとは締めのタイミングです。参加者全員が新しい年のスタートを気持ちよく切れるように、締めの挨拶などきちんとしておきたいところです。

オフィシャルでは定番で

まず、締めの挨拶は定番をしっかりわきまえましょう。同期や仲間内ならこうした定番は無視してもいいかもしれませんが、特にオフィシャルの場合は参加者の年齢もまちまちで上司も注目しています。定番をきっちり踏まえたうえで、自分の気持ちを少しだけ加えてオリジナリティーをアピールします。

早めのお開きにする

終了予定時刻よりも早めに締めのタイミングを持ってくるようにします。盛り上がっているところを邪魔して悪いと思ってズルズル引き延ばしてしまうと、結局ろくな締めの挨拶もできないまま「何となく解散」になってしまいます。

二次会のお知らせはしっかりと

新年会の参加者が個人で二次会に流れるケースもありますが、会社での大きな新年会ともなると二次会が準備されていることも多いと思います。何となく解散になってしまうと、二次会がもし準備されていたとしても、きちんとしたアナウンスができないままお開きになってしまいます。そうなると「私は二次会に誘われていない」とか「二次会があることを知らなかった」など後々ヘンなしこりを残すことにもなりかねません。

新年会の司会を頼まれた時は、お酒に飲まれないように。終了予定時刻には気を遣って、社会人として身につけたい「けじめ」の締めをしっかり行いましょう。

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます