日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

歓迎会幹事さんのコツは?

4月といえば新入社員が入社し、会社もフレッシュな雰囲気になると思います。
そして新入社員最初の催し物といえば歓迎会です。
そこで歓迎会の幹事さんのコツについて紹介したいと思います。

まず最初にする事

歓迎会の幹事を任された時に最初にする事を説明します。
日程、会場探し、参加者への通知、会費集金を最初に行なわなければなりません。
最も重要なのが会場探しになります。人数も多めになると思いますので会社の近くが好ましいです。
また、自己紹介等がありますので個室で一つのテーブルを囲む方が好ましいです。

歓迎会の趣旨を理解する

歓迎会は普通の飲み会と異なります。趣旨を理解する事が大切となります。
新入社員との交流が趣旨となりますので、可能な限り全員と交流が持てるような流れにしなければなりません。
また、新入社員には社会人としての飲み会を教える場になりますので、交流しつつそこも教えて行く必要があります。

主役は新入社員

最も陥りがちな失敗が主役である新入社員が置き去りにされる事です。
よくある話ですが、内輪ネタで盛り上がってしまい新入社員がついていけない事があります。
そうならない様に幹事が新入社員に話を振る事も大切になります。
また、自己紹介や余興といったプログラムをする事で新入社員の事を先輩達に認知させる事が出来ます。これによってより交流が深まります。

まとめ

歓迎会は特別で大切な催し物となります。
しっかりと新入社員を主役として、みんなが交流を図れるように段取りを行う事が大切です。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます