日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

おすすめ花見スポット 〜関西編〜

春は心躍るお花見の季節ですね。
関西のお花見スポットは数えきれませんが、タイプ別におすすめの場所をご紹介します。

お弁当派には広々公園

桜の下でお弁当を広げて賑やかに楽しみたい方にお勧めしたいのは広々した広場のある公園。
石垣と桜の調和が美しい大阪城、中でも名所として知られる西の丸庭園は、約300本の桜の中でお花見を楽しめます。

万博記念公園では、ソメイヨシノ、ヤマザクラ、サトザクラ、シダレザクラなど様々な品種の競演がみごとです。
ここは博物館、日本庭園なども揃っているので、お花見以外にも楽しめますね。

夙川公園は川沿いに続く南北約3kmの両岸に桜が咲き乱れ、お弁当を広げるのにぴったり。ウォークラリーなどのイベントも開催されます。

散策派には京都・奈良

花を見ながらゆっくり散策を楽しみたい方向けには京都・奈良がぴったり。
京都の哲学の道はあまりにも有名ですね。
疏水沿いに若王子神社から銀閣寺まで続く約500本の桜のトンネルは夢のようです。

車窓からの風景を楽しむ嵯峨野トロッコ列車も風情があります。
嵐山から亀岡まで、保津川渓谷沿いのヤマザクラなど、約2000本の桜を見ることができます。
花の季節は混雑が予想されるので、事前の予約をおすすめします。

奈良吉野山もぜひ一度は訪れたい場所です。
麓から咲き上がる3万本ともいわれる桜は山一面を染め、平地とは違う美しい風景が楽しめます。

ドライブ好きなら七川ダム湖

ドライブ好きなら、七川ダム湖の桜はいかがでしょうか。
湖の周囲約5kmを取り囲むように咲く約3000本のソメイヨシノは、湖の青と周囲の山々の緑に溶けて写真スポットとしてもお勧めです。ここは夜桜もとても美しいスポットです。

まとめ

お花見を楽しめる期間は長くても3週間。咲く時期をうまく捉えて、2箇所3箇所と訪れたいですね。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます