日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

テニスのルールを教えて!タイブレークについて

タイブレーク。
スポーツをやっていない方にとっては、あまり聞き慣れていない言葉かもしれません。
今や様々なスポーツで適用されていますが、今回はテニスのタイブレークについて述べてみたいと思います。

テニスのタイブレークについて

定められた試合のセットポイント(勝敗を決めるポイント)になっても勝敗を決することができない際に用いられるシステムです。
テニスは1セット6ゲーム制であり、相手から2ゲーム差以上をつけつつ6ゲーム先取=1セット取るというのはご存知の方も多いかと思います。
相手が4ゲーム以下であれば6ゲーム取ると1セット、相手が5ゲームであれば7ゲーム取ると1セットになります。
では、相手が6ゲーム取った場合どうなるのでしょうか。
スコアが6-6となった時は引き分けにならず、ここで用いられるのがタイブレークです。

タイブレークのルール~ポイントについて~

通常ルールのような15(フィフティーン)や30(サーティー)と言ったカウントではなく、1ポイントとなり、7ポイント先取したほうがゲームカウント7-6でそのセットを取ることになります。
6-6となった場合、相手に2ポイント差をつけるまで延々と続きます。
10-10であろうと、50-50であろうと、100-100であろうと2ポイント差がつくまではセットポイントになりません。

タイブレークのルール~サーブについて~

意外と知られていないのが、サーブのほうです。
タイブレークの第一サーブは、”そのセットの第一ゲームでサーブを打った方”からサーブします。
デュースサイド(自陣コートの右側)から1本打ち、その後相手が同じくデュースサイドから2本、次に自分がアドバンスサイド(自陣コートの左側)から2本といった具合で、デュースとアドバンスサイドから交互に2本ずつ打って行きます。
ちなみに、両者の合計が6ポイントとなった時にコートチェンジを行い、以降は合計が”6の倍数”になる度にコートチェンジして行きます。

まとめ

テニスのタイブレークは思ったよりも複雑かつポイント6-6以降は相手に2ポイント差をつけないと終わらない為、精神的にも肉体的にも疲労が蓄積されやすいかもしれません。
疲れが溜まってくると、サーブやコートチェンジのルールを忘れがちになるかもしれないので、プレーする前にしっかりと頭に叩き込んでおくようにしましょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます