日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

社員旅行におすすめの観光名所 〜北陸編〜

北陸新幹線の開通でますます近い北陸。
自然、景勝地や文化遺産、温泉に海の幸と盛りだくさんで、社員旅行のプランも立てやすいエリアです。

文化遺産とチューリップの里 富山県

世界遺産の五箇山合掌の里は、静かな佇まいの合掌造の集落です。
年間通じて観光客が絶えませんが、特に雪景色の中ライトップされた幻想的な姿は息をのむほどです。
黒部渓谷ではトロッコ列車や紅葉、黒部ダムの勇壮な放水を楽しむことができ、20メートルにもなる高い雪の壁の中を走る立山黒部アルペンルートの「雪の大谷」も人気です。
チューリップの生産で有名な砺波では毎年4月から5月にかけてフェアが行われ、会場には650品種、約250万本のチューリップが咲き誇ります。

加賀100万石の粋と素朴なふれあいの朝市 石川県

日本三大庭園に数えられる金沢兼六園は、春の桜、秋の紅葉と四季折々の景観を楽しめる回遊式の庭園です。
霞ヶ池、ことじ灯籠、雁行橋などが有名ですが、特に樹木を雪から守る雪吊の光景は、冬の風物詩となっています。
新鮮な海産物から野菜、民芸品まで所狭しと露店が並ぶ輪島の朝市は、農家や漁師の素朴な女性との温かい交流も楽しい催しです。

自然の生み出す見事な景観 福井県

日本海の荒波に削られてできた高さ約20メートルの断崖が続く東尋坊は、国の名勝・天然記念物に指定されています。
崖上から見下ろす激しい波しぶきは怖いほどの迫力です。
遊覧船に乗れば、この断崖を下から見上げることができるほか、奇岩の数々を楽しむこともできます。
若狭国定公園に属する三方五湖は、それぞれ水質や色の異なる5つの湖が低い山々の間に散らばり、レインボーラインから望む景色は壮観です。

まとめ

さらに3県それぞれに、カニをはじめ新鮮な魚介がどこでも食べられ、日本有数の温泉も点在するなど、魅力あるエリアです。欲張りなツアーが組めそうですね。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます