日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

おすすめ花見スポット 〜東北編〜

東北には全国的にも人気の高い桜の名所が多く、それぞれに個性的な美しさを持っています。そしてどれもが、北国の冬を乗り越えすっきりと澄んだ空気の中で咲く凛々しさを特徴としている、と言えるかもしれません。昼も美しく、また、それとは違った厳かな佇まいの夜桜も鑑賞できる厳選おすすめスポットを紹介します。

弘前公園・弘前城

まずは青森県弘前市の「弘前公園の桜」。春になると弘前城をバックに美しく咲き乱れる姿をニュースや旅番組で見かけることも多いのではないでしょうか。ソメイヨシノなど様々な種類の桜2千6百本の見頃は4月下旬から5月上旬です。

白石川堤一目千本桜

次に宮城県大河原町・柴田町の「白石川堤一目千本桜」です。川の堤約8kmに渡って千2百本の桜並木が続き、桜と川面、そしてはるかに望む蔵王の山々が織りなす素晴らしい景色が見られます。桜まつり期間中は夜間のライトアップもあり、昼とはまた違う美しさが眺められます。見頃は4月中旬~下旬となっています。

三春滝桜

そして、日本三大桜の一つに数えられる福島県三春町の巨木、「三春滝桜」を挙げないわけにはいかないでしょう。桜の季節にはこの名木を一目見ようと内外から多くの人が訪れます。文字通り流れる落ちる滝のような優雅な姿の紅枝垂桜(ベニシダレザクラ)は国の天然記念物となっています。こちらの夜桜の奥深い情緒はまさしく言葉にならない素晴らしさといえます。見頃は4月中旬~下旬です。

まとめ

今回は残念ながらご紹介できませんでしたが、岩手県北上市の「北上展勝地」、一目千本桜に近い柴田町の「柴田町船岡城址公園」など他にも数多くの桜スポットがある東北エリア。もし春に旅する機会がありましたら、東北の桜巡りはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます