日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

動きやすいスキーの服装 〜インナーで工夫しよう〜

スキーをするのに寒いからスキーウエアーの中に沢山着込んでモコモコになってしまいますよね。
インナーを工夫することで動きやすくしたいですよね。
インナーを正しく着て動きやすいスキーの服装をご紹介します。

ベスト1 発熱タイプのトップスインナー

最近のインナーは吸湿発熱タイプのインナーが人気。
更にパワーアップして発熱した熱を層が閉じ込めガンガンに発熱してくれるインナーも登場しています。
何枚も重ね着をするのではなく、直接肌に吸湿発熱タイプのインナーを着てフリースを着てスキーウエアーを着ます。
たったの3枚です。
屋外で過ごす極寒に強い見方間違いなしです。

ベスト2 発熱タイプのトップスフリース

スポーツメーカでフリースの発熱タイプのトップスが最近人気をよんでいます。
肌触りが気持ちよく薄手で軽いフリースですが、発熱機能があると更に暖かさを感じます。
発熱タイプのインナーとフリースにスキーウエアーを着れば薄着なのにどんなに極寒でも大丈夫です。

ベスト3 発熱タイプのタイツ&靴下

冷えやすいお腹周りとつま先を濃密なあったかいパイル素材で発熱タイプのタイツは150デニールまで厚みがあり、
スキーの場合は厚めの方がブーツの衝撃からも守ってくれるのでおすすめです。
段階式着圧タイツは足のむくみも解消してくれるので、スキーには最適です。

まとめ

ベスト1 発熱タイプのトップスインナー
ベスト2 発熱タイプのトップスフリース
ベスト3 発熱タイプのタイツ&靴下

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます