日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

ゴルフの練習を自宅でも簡単にできる方法は?

自宅で簡単に上達する方法・・・そんな方法があるなら誰も苦労しませんよね。
実はあるんです。自分流にしてしまうと全く意味がなくなってしまうのも自宅練習の落とし穴です。
プロ直伝のゴルフの練習を自宅でできる方法をご紹介します。

ベスト1 シャドースイング

 


http://c.pargolf.co.jp/pgo/c/2014/12/PGOG-146234.jpg


https://encrypted-tbn1.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSATwD1E9E5101l5M-lzzKNF6-Cy6qn5Tg9OdDEakJffxPWKUTryw

正しいアドレスをつくり、クラブを肩にかつぎます。
バックスイングからフィニッシュまでスイング軸をぶらさないように身体を回転させます。
軸を安定させてスイングを安定させ飛距離を伸ばす効果のある練習方法です。
クラブを振るよりシャドースイングの方が正しいスイング軸を作れてストレッチ効果もあり飛距離が伸びます。

ベスト2 アプローチ上達

 


http://www.murauchi.com/lib/murauchi/20070413-z4.jpg


http://blog.golfdigest.co.jp/user/writeryasu/img/14/img20100113.jpg

スポンジ状のアプローチ上達ボールでアドレス・グリップ・リズム・フォームの練習をします。
パターマットにアプローチボールを置いてチップインを狙います。
2メートルの距離から連続3回チップインするまでの練習をします。
短い距離のアプローチはとても難しいです。
短いアプローチが安定してくれば距離の長いアプローチが簡単にかんじます。

ベスト3 1.5メートルパターマット

 


http://item.shopping.c.yimg.jp/i/l/tsuruya-sp_0713801311l

プロでもパターの数で勝敗は決まります。なのでパターは一番重要といっていいでしょう。
1.5メートルのパットをアマチュアは外す確立が非常に多いです。
1.5メートルのパターマットを連続でカップインできる練習を毎日すれば劇的にスコアが変化します。
平らな1.5メートルの練習をしていれば斜面でもカップインできるようになります。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます