日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

フットサル パスの動きを覚えよう

フットサルをやる上でパスは欠かせません。今回はフットサルのパスの動きをご紹介します。

足元へのパス

まずは基本となる足元へのパスです。フットサルはコートが狭い分、相手との距離もかなり接近しています。ですのでちょっとそれただけでもパスカットされたりする危険性が増えてしまいます。そうならないためにも味方へのパスは足元に渡すのが基本となります。より高度になると、相手の利き足にパスを渡したり、次のアクションに動きやすい方向の足にパスを渡したりします。

スペースへのパス

先ほどの足元へのパスとは異なり、空いているスペースへのパスの動きがあります。カウンターをする際や相手の裏をつく場合などに用いられます。パスを出す側と受ける側の意思疎通がされていないとうまくいきません。既に空いているスペースを使う方法やあえてスペースを空けてそこに走りこむ方法などがあります。味方との連携で多くのスペースが作り出せますので、チームで取り組んでみてください。

ワンツーパス

相手を抜く時などに使うパスの動きとしてワンツーパスがあります。味方を壁代わりに使って相手を交わしていくことができます。パスを出した後にパスを受けられる位置に素早く動くことがポイントとなります。ドリブルで相手を抜くよりも確実な手段と言えます。

まとめ

今回はフットサルの基本となるパスの動きをご紹介しました。練習でパスの動きを覚えて、それぞれのタイミングをつかむようにしてください。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます