日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

アウトドア・リュックサック

最近では、街中でもデザインがきれいなリュックサックを背負った人たちを見かけますよね。さらにアウトドア用のリュックサックには、沢山の機能があります。初めて購入するアウトドア派登山用リュックサックのポイントを、ご紹介します。

アウトドア・リュックサック

アウトドアに適した、リュックサックを。

アウトドアは自然を楽しめる反面、過酷な状況におかれることもあります。登山用リュックサックは、その危険から身を守ってくれる大切なアイテムです。登山用でないリュックサックで登山をすると、背中でリュックサックが動いて必要以上に付加がかかったり、非常に疲れやすくなります。登山用リュックサックでは、ウエストベルトでがっちりと荷物のブレを無くしたり、ショルダーは柔らかい形状で肩が痛くなることを防いでくれます。また、木の枝などに触れても破れたりしないよう頑丈で軽い素材が使われています。

 リュックサックの大きさはリットル

登山用リュックサックの大きさは「リットル」で分けられます。10リットル前後のものから90リットル以上のものまで幅があります。日帰りハイキングか、本格的にテントに泊まる登山なのか、その目的によって、持っていく荷物の量が変わりますよね。まず、最初に買うなら、30リットルくらいがオススメです。山小屋で1泊程度でしたら、負担も少なくちょうど良い大きさです。また、いずれは、登山に慣れて、アウトドアを満喫してテントに泊まりたいという方には、60リットル前後がオススメです。60リットルあれば、テント、寝袋、食糧などを入れることができます。

体形にあったリュックサックを選ぼう。

登山用リュックサックのサイズは、バックレングスという表記で確認してください。バックレングスとは、首を前にたおした時に出っ張る部分から腰骨の上部分の長さを図ったサイズです。人ぞれぞれに背中の長さは異なるので、自分にフィットするサイズかどうか、必ず背負って確認しましょう。アウトドア店の店員さんにチェックをお願いしてもいいですね。

アウトドア志向の女性用リュックも登場

ウエストベルトを、女性の骨盤にフィットするよう工夫されたリュックサックも最近は増えています。
バストに当たらないようハーネスも工夫されていますから、登山のストレスも随分と軽減してくれます。
まだまだ女性用は少ないのですが、アウトドア店をさがしてみてはいかがでしょう。

今、注目は、超軽量のリュックサック

アウトドアを楽しみたいけれど、いろいろな装備は重くて大変ですよね。登山用リュックサックも超軽量化が進んでいます。ウルトラライトのリュックサックは、機能が少しづつ削られています。がっちりとしたベルトや背面パッドなども華奢につくられているようです。ポケットが無いものもあり、生地も薄いナイロンを使用して徹底的に軽量化にこだわっています。

しっかり選んでアウトドアを楽しもう。

これからアウトドアを楽しもうとする人にとって、リュックサックは必需品ですよね。ずっと長く使える、目的に合ったものをじっくりと選びたいですね。アウトレット店に出向いて、実際に手に取って試してみるのがおすすめです。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます