日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

アウトドア用の椅子を買う時に、何を基準に選びますか?

アウトドアに出かけた時に草の上に座るのも気持ちがいいですが、座り心地のよい椅子に座りながら、コーヒーを飲んだら美味しそうですよね。アウトドアで使う椅子はどんなことを基準にして選びますか?

アウトドア用の椅子を買う時に、何を基準に選びますか?

運びやすさで選びますか?

車で移動するのか、電車やバスに乗って行くのかによって椅子に求める運びやすさは変わってくると思います。総重量900gで折りたたみができるのなら、軽いハイキングから、お花見や野外フェスと行動しながらでも、アウトドアで気軽に持ち運びができるサイズです。背中の部分はメッシュ仕上げで、通気性にもすぐれています。耐水性に強いカバーのついた椅子がヘリノックスから出ています。

座り心地重視で選ぶなら

重量は3,6kgと決して軽くはないのですが、アウトドアに車で出かけたら、椅子に座ってとにかくのんびりすごしたい人には許容範囲の重さですね。ソファのように体重を預けてくつろげる作りになっています。アームレストも着いているので、リラックスできること間違いなさそうですね。アウトドアだけでなく、室内でも充分使える椅子がスノーピークから出ています。

耐久性と機能性で選ぶのなら

老舗の小川から出ている、ハイバックチェアは座り心地も抜群です。後ろにメッシュポケットがあり、テープループもついているので、小物の収納に便利です。見た目の派手さや華やかさよりも、使いやすさに重点をおいている、美は有用性に宿る椅子です。

足を伸ばしたい人には座椅子

折りたたみ式の座椅子です。持ち手がついているので、手軽に持ち運べます。キャンプにフェス、海へとオールシーズン使えるアウトドアの長椅子の種類も豊富にあります。すでにマットレスを持っている人には、取り付けるだけで、長椅子に早代わりする便利グッズも出ています。

昼寝もできるリフトチェア

コールマンから出ているイージーリフトチェアは、アルミタイプとスチールタイプが選べます。どっちもすわり心地も寝心地も、とってもゆったりなので、気がつくとつい眠ってしまうようです。

椅子は座れればいいと言うあなたには

様々なブランドから出ている、アウトドアチェアがお勧めですね。デザインも色々あるので、好みで選べます。アームレストにはたいてい、ドリンクホルダーが付いているので、ちょっとした小物入れにも使えます。

低めのあぐらチェアは子供も座りやすい

最近注目を集めているのがこのロータイプのあぐらチェアです。足を伸ばしてもあぐらをかいてもとっても楽ちん。アウトドアに来ているのに、家でくつろいでいる様にリラックス。足の高い椅子でキャンプファイヤーを囲むのも、低い椅子で、火を見つめるのもどちらも贅沢な時間になりそうですね。

実際に椅子を買う前に

椅子はデザインも機能も大切ですが、やっぱり座り心地ははずせませんね。ネットでも色々売っていますが、アウトドア専門店へ、実際に行くことをお勧めします。自分にあった椅子が見つかるだけではなく、楽しみなアウトドアに出かける前に、友達や家族とお店で見て回るのも楽しい時間です。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます