日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

喪中の正月の過ごし方

喪中の正月の過ごし方はどうすればいいのでしょう。喪中期間ですからお祝いごとは控えるべきでしょう。喪中期間のお正月の過ごし方などを紹介します。喪中期間の人は参考にしてください。

喪中の正月の過ごし方

喪中でしてはいけないこと

結婚式といったお祝いの席には出席は控えたほうがいいですが、四十九日を過ぎている場合は出席しても大丈夫です。あえて喪中であることを伝えないという気配りをするのも大切です。神社へのお参りや、神社で行われるお祭りへの参加も控えてください。それでも行きたい場合は、その神社の方に問い合わせてみたほうがいいですよ。年末年始の挨拶も控え、喪中だから年末年始の挨拶ができないという喪中ハガキを早めに送っておきましょう。

新年の挨拶と正月飾り

一般的な「あけましておめでとうございます」という新年の挨拶を、喪中の場合はしてはいけません。「昨年はお世話になりました」とお礼をいう場合や、おめでとうございますと相手から言われる場合は構いませんが、自分が言ってしまうのはいけません。正月飾りも、しないほうがいいですね。ですが、亡くなってしまった人が楽しいことが大好きな人だった時は、故人のために正月の雰囲気を家の中でつくってあげるのもいいかもしれません。

喪中の正月にしてはいけないこと

まず、正月に食べるおせちですが、これは身内で話し合って食べるかどうかを決めてもいいです。おせちは祝い事に含まれるので控えたほうがいいのですが、どうしても食べたい場合は、紅白の色を使っているものを避けて食べれば大丈夫です。お年玉は上げても貰っても大丈夫ですが、お年玉袋で紅白のものを使うのは避けましょう。初詣に行く場合、お寺への初詣は大丈夫ですが、神社への初詣の場合、まだ忌明けをしていない時は控えましょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます