日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

カラオケの練習方法を紹介

カラオケではできるだけ上手く歌いたいと思うのが人情ですよね。それには練習しかないですね。皆さんはカラオケの練習方法はどのようなことをしていますか?肺活量とかを鍛える人もいるようです。

カラオケの練習方法を紹介

音痴だから、と諦めずに練習を

身の回りの人たちとカラオケに行きたいけれど、音痴で恥ずかしいという人もたくさんいるかと思います。そういう人たちは、まずは自分の好きな音楽をひたすら聴きましょう。そのときに、音程やリズムを、無意識に意識できるように自分の感覚を鍛えてみてください。難しそうに思えるかもしれませんが、意外と簡単だったりしますよ。

難しい技術よりもまずは基本を

歌において、ビブラートやしゃくりなどの単語を聞いたことはあるかと思います。これらは歌う際の細かいテクニックの事です。自分で音程やリズムが取れていないな、と感じている人はひとまずテクニックの事は置いておきましょう。リズムはどんなリズムなのか、速さはどのくらいなのか、音程はどの音域まであるのかなどを、一曲に対して把握し、基本的なところからものにしていきましょう。

ちょっと上達したかな? と自信がついたら

ある程度コツがつかめてきたら、今度こそ技術面を意識してみましょう。ビブラートは最初こそは難しいものの、慣れてくると自然にできるようにもなります。ビブラートというのは、音を揺らすことを指します。歌の語尾を伸ばした時に、音を震わせることを意識するのです。震え、といっても、音の波をイメージすることが大事です。他にも、しゃくりなども知らぬ間に自然に身についていることが多かったりしますよ。

カラオケカテゴリ

おすすめカテゴリ

おすすめサービス

調整さんをフォローする