日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

カラオケがうまくなるためには?

カラオケがうまくなるための方法には何があるでしょうか?歌を練習する以外にもあるようですよ。カラオケがうまくなる方法を紹介します。飲み物や音域などに気を配ることも大事なようです。

カラオケがうまくなるためには?

飲み物に気をつける方法

声は声帯を震わせて音を出します、なのでそこに直で触れる飲み物には気をつけましょう。まずはお茶、アルコールはダメです。何故かと言うとお茶や烏龍茶は声帯の油を流してしまい声が出にくくなるのです。アルコールは喉の水分を奪い声がかれてしまうからです。冷たい飲み物もNGです、喉を冷やすと筋肉が萎縮しこえが出なくなってしまうからです。カラオケで飲む飲み物は常温の水が一番です。それが無理そうなら喉を冷やさずカフェインの入っていないものにしましょう。

準備ができたらストレッチです

歌が上手な人って喉じゃなくて体全体で歌っているんですよね。肺の周りの筋肉が凝り固まっていたらせっかく肺で歌っても筋肉が十分膨らまず肺の動きが制限されてしますのです。なので日頃からストレッチをし歌う前にも肩まわりの筋肉をほぐしてから歌ってみましょう。

最終手段はこいつですね

すぐに音痴を治したいってのは無理な話なんですが音痴に見せない方法なら少しはましになるはずです。その方法というのは選曲と抑場です。具体的にどうやるかというとまずは選曲です。ここで大事なのが自分の音域を知ることです、それさえ知っていれば自分に合わない歌がわかるからです。その次が抑場で。これは簡単で声に強弱をつけたりマイクの位置を変えてみたりすることによりうまく見えるからです。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます