日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

ゴルフのドライバースイング

ゴルフのドライバースイングは簡単そうに見えてなかなか難しいですよね。ドライバースイングはゴルフを組み立てていく上で重要なスイングになるので、必ずマスターしておきたいですよね。

ゴルフのドライバースイング

ドライバースイングの特徴

ゴルフで、ドライバーショットとアイアンショットという単語を聞いたことがあるかと思います。この2つの違いは、ボールのライ。アイアンショットはボールと地面が接触していますが、ドライバーショットはボールは空中に浮いています。なので、地面と水平軌道、または上昇軌道でショットする必要があるのです。

姿勢を再確認してみましょう

ドライバースイングの基本は、正しい姿勢と体重移動。さらに、下半身を安定させるための壁も重要です。難しいように思えますが、ドライバーで正しいスイング姿勢をマスターできてしまえばそんなに難しいことはありません。まずは打つ方向に対して直角に身体を向けて立つ。そこからのスイングは、野球のバッティングと親しいところがあります。そして、下半身と腰を意識した体重移動の感覚を掴みましょう。そして、フィニッシュの時は壁を作るのをイメージしてください。

ドライバーでのショットをマスター

体重移動が上手にできるようになると、尺が長いドライバーでも、安定したスイングで打つことができるようになります。ドライバーでのショットさえ覚えてしまえば、フェアウェイウッドやアイアンなど、他のクラブでもつまずかずにショットができるようになるはずです。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます