日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

サッカー日本代表のユニフォームを紹介

サッカー日本代表のユニフォームは青と黒を基調としたデザインでかっこいいですよね。日本代表のユニフォームは機能性とデザイン性に優れており、サッカーのパフォーマンス能力を最大限に引き出してくれます。

サッカー日本代表のユニフォームを紹介

日本代表のユニフォームは青色

サッカー日本代表のユニフォームは誰もが一度は見たことがあると思います。青を基調とした凛とした雰囲気を持っており、それを身にまとうサッカー日本代表は「サムライブルー」と呼ばれています。また、アウェーユニフォームは白を基調としたデザインです。日本代表の試合を観戦する際は、サムライブルーのユニフォームは欠かせないですよね。

日本代表のユニフォームの沿革

今でこそ青色を基調としたデザインで「サムライブルー」として知られているサッカー日本代表のユニフォームですが、実は昔はデザインが多少違いました。日本代表のユニフォームは青をベースに白色のラインとJFAのエンブレムが入ったユニフォームがデザインの基本ですが、昔は白をベースに青色のラインが入ったものでした。ユニフォームが青になったのは日本サッカーが盛り上がり出した1992年からです。

サムライブルーのユニフォームの機能性

サッカー日本代表のユニフォームのデザインはカッコよくておしゃれですが、実は機能性も抜群です。ユニフォームの製作を手がけているのは世界的なスポーツウェアメーカーのアディダスです。アディダスの最新技術を用いて造られたサムライブルーのユニフォームは超軽量かつ吸水性が抜群です。日本代表のユニフォームのレプリカを買って、試合観戦だけでなく日頃の運動の時にも活用するといいですよ。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます