日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

サッカーのルールを覚えよう

サッカーはシンプルなスポーツですが、細かいルールを覚えておくとよりサッカーがおもしろくなります。サッカー観戦をより深く楽しむためのルールを紹介します。サッカーの違うおもしろさが見えてきます。

サッカーのルールを覚えよう

ルールを抑えてより観戦を楽しく

サッカーのルールって未経験者の方には漠然としていて分かりづらいですよね。でも、実はサッカーのルールってとってもシンプルなんです。サッカーの試合目的といえばどちらのチームがより多くのゴールを奪うか。そのために腕を除いた体の部分(主に足)を使って、より多くのゴールを決める、というスポーツです。

誰もが一度は困惑するオフサイド

サッカーは基本的にとてもシンプルなスポーツですが、中には少し細かくて分かりづらいルールも存在しています。その代表的なものがオフサイドルールです。オフサイドとは、ゴールキーパーを除いた相手チームの選手よりもゴールに近い位置で味方選手からパスを受けることは反則、というルールです。オフサイドはサッカーの競技性を高めるために存在しています。オフサイドがないと選手全員がゴール前に団子になって、ボールをゴールに押し込むつまらないスポーツになってしまいます。

ゴールキックとコーナーキックの違い

もう一つサッカー未経験者が戸惑うルールがゴールキックとコーナキックの違いではないでしょうか。ボールがフィールドの外に出た後にゲームを再開するために設けられたルールですが、ある時はゴールキックである時はコーナーキックになります。この二つの違いは、どのチームの選手がボールを外に出したかによって決まります。ボールを蹴り出したチームの相手チームがボールの所有権を得ます。これがゴールラインで起こった場合は、攻撃したチームがボールを出した場合はゴールキック、守備したチームの場合はコーナーキックとなります。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます