日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

サッカーのディフェンス練習

みなさんはサッカーのディフェンスを練習するときどのようなことを意識していますか。サッカーのディフェンス練習に大事なポイントなどを紹介します。ディフェンスを制した者がサッカーを制するのです。

サッカーのディフェンス練習

勝つためにはディフェンスが必要

サッカーにおいてのディフェンスって、ボールは扱わないし地味であまり積極的にしたいとは思いませんよね。でも、サッカーにおいて最も重要な要素でもあります。現代サッカーにおいてディフェンスはオフェンスよりも重要だと捉えられており、実際に大きな大会で優勝するチームは堅いディフェンス力を誇っている場合が殆どです。みなさんも試合に勝ちたいならサボらずにディフェンスをしましょう。

ディフェンスの基本をお教えします

サッカーにおいてディフェンスの基本はなんだと思いますか?ボールを取ることでしょうか?違います。ボールを取れるなら越したことではないのですが、サッカーにおいてディフェンスとは「シュートを打たせない」ことです。サッカーでディフェンスをする理由は相手の得点を防ぐためです。ゴールを堅められた相手チームはなんとかゴールをこじ開けようとリスクを負ってアクションを起こします。そこから生じるミスがボールを奪回するチャンスになるのです。

ディフェンスは味方との連携が大事

ディフェンスにおいて最も大事なことは味方選手との意思疎通と連携です。何故なら広大なサッカーフィールドの上で一選手が担当できる守備範囲というのはたかが知れています。他の部分を味方選手がカバーすることでチームとしてのディフェンスが成り立ちます。もし、味方選手がリスクを冒してボールを取りに行くのならば、あなたはそのリスクをカバーしなくてはいけません。逆もしかりです。意思疎通と連携がディフェンスには欠かせません。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます