日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

プロテクターはスノーボードの必需品

スノーボードをするときはプロテクターを必ず付けましょう。初心者の方はもちろんのこと上級者の人もプロテクターを付けましょう。怪我をしてしまってはスノーボードができなくなる可能性があります。

プロテクターはスノーボードの必需品

自分の身を守るために

スポーツでは怪我はつきもの。それは誰にでも同じように言えることで、自分は大丈夫、なんていう油断はできません。怪我をすこしでも防ぐために、スノーボードをする際にはプロテクターをつけましょう。もしも自分のそばに、スノーボードの上級者がいる時は、その人に教わりながら、できるだけ怪我や事故を避けるようにしてください。

プロテクターの種類について

プロテクターと一言に言っても、その種類は一つではありません。人にとって一番大事な頭を守るために、ヘルメットの代わりにヘッドプロテクターをつけるのもおすすめです。初級者の人におすすめするのはヒッププロテクターで、スノボーをしている時に転んで雪面に尻もちをついても、おしりが冷たくなることを防いでくれます。上級者の人は、ボディプロテクターをつけることをすすめます。スノボーになれた上級者の方は、ミスした時に上半身を強打してしまうことがあるので、それを防ぐために、このボディプロテクターをしておきましょう。

怪我を防ぐための対策として

つま先側で逆エッジになった時、膝を打ち付けてしまうことが多いので、膝を守るためのプロテクターであるニープロテクターをつけておきましょう。とくに、ジブアイテムに入る方にとっては心強いアイテムになるはずです。ほかにも、ヒール側の逆エッジになった人が、手首を守ろうと肘から着地してしまう時、肘を守ってくれるのがエルボープロテクターです。様々な怪我の対処として用意されたプロテクターなので、スノボーを楽しむためにも、必ずつけてくださいね。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます