日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

バーベキューの基本「火おこし」

火おこしはバーベキューの基本ですがなかなか火がついてくれませんよね。素人が集まると火おこしだけでかなりの時間を浪費してしまいます。スムーズにバーベキューを行うためには火おこしの知識を頭に入れておきましょう。

バーベキューの基本「火おこし」

火がなかなかつかないのはなぜ?

バーベキューをするためには、まず火をおこさないといけませんよね。この火おこしがとても面倒で難しいという人も少なくないはずです。では、なぜ火をつけにくいかというと、これは炭の置き方や、炭に直接火をつけようとしている場合が多いです。炭に火が燃え移ったりするのは難しいですし、炭を山盛りにするという置き方も、得策ではありません。

新聞紙を用意すること

用意するのは炭とライターだけではいけません、火をおこすために、燃えやすい紙を用意しましょう。てっとりばやく新聞紙を使用するのがいいですね。この新聞紙を、丸めるのではなくねじり、井の字のように置いていきます。この時に注意するのが、空気がはいる隙間をあけておくことです。空気が入らないと、せっかく火がついても、火が強くなってくれずにそのまま新聞紙が燃え尽きるだけになってしまいます。

新聞紙のまわりに炭をおく

井の字の形にねじった新聞紙を置いたあとは、その周りに炭を置いて、新聞紙を囲います。煙突みたいに炭をおいてから、新聞紙に火をつけます。火の勢いが強まってきたら炭でフタをして、火が燃えるのを待ちましょう。これなら簡単に火おこしができますよ。バーベキューに行った時はぜひ試してみてくださいね。

バーベキューカテゴリ

おすすめカテゴリ

おすすめサービス

調整さんをフォローする