日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

バレーボールのスパイクを極める

バレーボールの基本テクニックにスパイクがあります。シューズのスパイクではありません。また、アメフトにもスパイクという時間を止めるテクニックがありますよね。今回はバレーボールのスパイクを紹介します。

バレーボールのスパイクを極める

勢いをつけて助走するには

スパイクを打つ際にはしっかり勢いを付けた助走をすることが重要です。3歩助走と言われる助走の方法の場合は、1歩目は小さく踏み出し、2歩目はリズムに乗って少し大きめに、最後の3歩目は踵から大きく勢いを付けて踏み込むようにします。助走の際のコースは真っ直ぐネットに向かっていくよりも、少し斜めに入っていくのを意識すると良いでしょう。

スパイクを上達するためのコツ

スパイクを上達させるために意識しておきたいコツは、コーンよりも外側を回るようにすることです。ラリーの中で理想的な助走の動きを取るためには、ネットから真っ直ぐに後ろへ下がった場所へコーンを置き、そのコーンの外側を回るようにして助走の動きを繰り返し練習すると良いでしょう。打つことよりも助走の動きを意識することが重要です。

スパイクが身につく練習方法

スパイクを身につかせるための練習方法として、壁打ちがあります。壁打ちはスイングとミートを鍛えるための練習で、一人でも出来るので空いた時間にやってみると良いでしょう。正確な位置でミートしたボールは、壁に当たった後また打てる位置へと戻ってくるようになっています。連続で打てるようになるまで練習してみましょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます