日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

ランニング初心者の心得

ランニング初心者方は正しいフォームで走れていますか?正しいランニングをしなければ怪我につながります。初心者の方は十分気をつけなければなりません。楽しく正しくランニングをしましょう。

ランニング初心者の心得

足を疲れさせない接地の仕方

接地時間は、できるだけ短いほうがいいのです。足を地面についてから蹴りあげる時間までが長いと、それだけ筋肉は活動しなければならなくなります。ですから、出した足を重心より前に設置してしまうと、蹴り上げまでの時間が長くなり、負担がかかります。ポイント1は「出した足は重心の真下に着地させる」です。

上半身はどうしたらいいの?

重心より前に足が出てしまう、というかたは、上半身を少し前に足してしまえば解決するでしょう。位置関係としては、真下に着地させていることになるはずです。ですが、それを42kmずっと意識して走り続けるのは大変です。まずは、正しい姿勢を保てるようポイント2「体幹から鍛える」ことが重要でしょう。

つま先からの着地でダメージ軽減

アフリカのランナーがつま先から着地していることが判明し、みなさんも意識するようになっているかとは思います。かかとからの着地では、体重の2.2倍の衝撃を受けるのに反して、つま先では1.6倍の衝撃になります。つま先から接地するほうが、筋肉へのダメージ量が少ないということです。ただ、これは生活様式の差で、アフリカの人たちはそもそもつま先から足をつくような生活をしているという結論もあります。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます