日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

合宿免許に必要な持ち物

合宿免許に行く前には持ち物を必ずチェックしておいたほうがいいでしょう。そもそも、どんな持ち物が必要なのかわからない人のために合宿免許で役に立つアイテムを紹介します。

合宿免許に必要な持ち物

手続きに必要な各種書類

合宿で免許を取る際には入校手続きに身分を証明する書類が必要になります。住民票や身分証明書、印鑑や健康保険証は持っていくようにしましょう。およそ2週間の合宿生活になるのでもしも急病や怪我などで病院に行く際に保険証は必要になるので必ず持っていってください。

あると便利な日用品も持っていこう

絆創膏や爪切り、耳かきなど、体のケアに必要なものはあるとふとした瞬間に便利です。また、延長コードなどもあれば持っていくことをおすすめします。部屋割はプランや教習所のシステムによって違いますが、個室ではなく他の人と相部屋になる可能性も十分にあります。長時間コンセントを独占してしまうのは相部屋の人に悪いですから、二股や三股のコードを持っていればお互い気持ちよく過ごせますね。

自由時間に使えるアイテムたち

学校の合宿や治験のバイトとは違ってこの合宿は基本的に自由時間は何をしても問題ありません。ただ教習の時間以外は基本的に部屋にいることになると思うので、部屋で楽しめる音楽プレーヤーやゲーム機などを持っていくのはいいかもしれません。またノートパソコンなどもあれば部屋で課題や仕事ができますから、効率よく過ごすことができますね。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます