日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

結婚式の招待状の返信マナーを紹介

結婚式の招待状を届いたけれども返信をどうすればいいのわからない人いませんか?招待状の返信の仕方にはマナーがあります。きちんとマナーを守らないと恥をかくことになります。

結婚式の招待状の返信マナーを紹介

お祝いの言葉を添えて出席の返事を

返信はがきの書き方でうっかり忘れてしまうことが多い点があります。それは不要な文字を消し忘れてしまうということ。宛名の敬称は「様」に直しましょう。裏面の御出席や御住所、お電話といった「御」や「お」は必ず二重線で消すのがマナーです。もしくは「寿」の字で消すのが良いでしょう。また、招待状の返事は、お祝いの言葉を添えてできるだけ1週間以内にしたほうが良いと言われています。細かいマナーですがきちんと守りましょう。

欠席の返事の場合に注意したいこと

仕事などが重なった場合は、正直に理由を書いて、お詫びの言葉を添えて返信しましょう。ただし、身内の不幸や他の披露宴と重なったなど、新郎新婦のおめでたい席に水をさしてしまうような場合は「どうしても都合がつかず、出席できません」とぼかした表現にするのが無難です。空いているスペースにお祝いのメッセージを添えて返信しましょう。

出席できるかすぐにはわからない時は

わからないからといって返信をしないのは新郎新婦に対して失礼です。出席したいという気持ちが強いのであれば、返信はがきにいつ頃までに返事ができるかを記入し、1週間以内に送るようにしましょう。相手に届いた頃に、電話で相談すると良いです。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます