日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

旅行におすすめのカバン

旅行におすすめのカバンは何がいいでしょうか。飛行機を利用する旅行なら機内に持ち込めるカバンが重宝しますよね。機能性とデザイン性を兼ね備えた旅行で役立つカバンを紹介します。

旅行におすすめのカバン

機内持ち込みに適したサイズとタイプ

一定サイズ以下の荷物は機内への持ち込みが可能です。縦、横、幅の和が115cm以内がほとんどの航空会社の規定です。座席が100以下の飛行機は和が100cm以内の荷物しか持ち込めません。機内持ち込みの場合は、中が狭くなってしまうフレームタイプよりファスナータイプをおすすめします。昨今では、最大容量のキャビンサイズスーツケースが販売しています。115cm以内の規定に反さず、40リットルという容量を確保しているのです。

持ち込みの際のメリット・デメリット

海外の空港では荷物の扱いが雑で、航空会社に預けたときに破損するケースが多いです。そのため、持ち込みならば壊れにくいです。そして、機内に持ち込んでいるわけですから、預けたり荷物ふが出てくるのを待ったりという時間がなくなり、手間が省けます。ただ、問題は持ち込めるサイズには上限があり、どうしても容量が小さくなってしまうことです。一般的に持ち込めるカバンに入る容量は30リットル程度となっています。

機内に持ち込み可能なものと不可能なもの

持ち込みも預け入れもできないのは、ガスや燃料などの危険物です。クラッカーや殺虫剤もいけません。そして、預け入れはできるものは、刃物や工具、長い物です。はさみやダーツの矢、ゴルフクラブなども含まれます。液体物は100ml以下の容器に入れて、ジッパーつき透明プラスチック袋に入れましょう。歯磨き粉や缶詰、プリンなどがこちらに含まれます。医薬品や幼児用食品などは検査時に説明はいりますが、袋に入れず、持ち込み可能です。飲み物は出国手続き後に免罪店や自動販売機で買ったものであれば持ち込み可能となっています。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます