日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

層雲峡温泉近くの観光名所

大自然に囲まれた層雲峡温泉街ですが、観光名所もたくさんあります。温泉と合わせてスケジュールに入れたい観光名所をご紹介します。

層雲峡氷瀑まつり

冬の層雲峡に来るならば、はずせない観光名物です。北海道の一大イベントにもなっている氷瀑まつりは、大小50基の氷のオブジェが楽しめる冬のオススメイベント。
滝は巨大な氷瀑となり、石狩川沿いに造られた雪と氷の建造物が、七色の光に照らされて神秘的な表情を見せます。週末には花火も打ち上げられ冬の夜空を彩り、幻想的な風景が広がります。

黒岳

標高1,984m。高山植物・紅葉・スキーなど、大自然を満喫できます。ロープウェイリフトを乗り継いで7合目まで行くことが可能で、そこから山頂までは徒歩約1時間。
スキーシーズンは11月初旬から5月中旬迄と長く約1年の半分以上滑ることができます。特に11月から12月にかけてのシーズン始めと、3月から5月の春山スキーができます。スキーヤーの基地となる層雲峡は道内一流の温泉地で豪華なアフタースキーも楽しむことができるので、ウィンタースポーツがお好きな方にはおすすめです。

銀河・流星の滝

石狩川沿いに延々24kmにわたって続く断崖絶壁。この崖を落ちる滝の中で是非見てもらいたい、もっとも美しいふたつの滝があります。

細く繊細な白糸のように流れ落ちる「銀河の滝」、力強く流れ落ちる「流星の滝」。上に登ると、「双瀑台」の展望台へ行けます。そこでは、別名女滝・男滝とも呼ばれる、2本の滝が絶壁・不動岩の左右を流れ落ちる姿を同時に見ることができます。
日本の滝百選にも入っている名瀑を、 間近に見る迫力ある姿は圧巻です。

まとめ

暖かい季節より、肌寒い季節が長い層雲峡ならではの観光スポットです。観光する際は、夏でも肌寒いことも多いので、薄手の上着を用意した方が良いでしょう。
このご紹介が、楽しい観光の手助けになればと思います。

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます