日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

どうなっている?日本フットサルリーグの2015年の成績

2014ー2015のシーズンで12チームが日本フットサルリーグの頂点を目指し激突しました。毎試合白熱した試合が繰り広げられましたが、結局2015シーズンの日本フットサルリーグの成績はどのようになったのでしょうか。

どうなっている?日本フットサルリーグの2015年の成績

優勝は名古屋オーシャンズ

2015年Fリーグを制したのは名古屋オーシャンズでした。24勝5敗4分けの成績でしたが、2位のチームと比べるなら勝数は3上回り、負け数は1下回りました。堂々たる優勝ではありましたが、しかし、ぶっちぎりの強さを見せた優勝ではありませんでした。しかし、得点は134点上げており、攻撃型のプレーが功を奏した優勝でした。

2位になったのはバサジィ大分

2位になったのはバサジィ大分でした。バサジィ大分が2位という好成績を残せた要因の1つは攻撃と守備のバランスの良さです。得点は117点でリーグ3位、失点は85で5位でした。必ずしもパッとした成績ではないのに2位であることを考えますと、攻撃と守備のバランスがとれているので2位になったといえるでしょう。。

3位になったのはバルドラール浦安

2015Fリーグで3位に踊りでたのがバルドラール浦安でした。負け数こそバサジィ大分に3つの差をつけられていますが、勝数はまったく同じ21です。しかし、得点はバサジィ大分を9点も下回り、失点はバサジィ大分よりも5点多く取られました。ですから、まだ2位以上のチームとは差があるというのが実情です。

熱いぞ!日本フットサルリーグ

日本フットサルリーグは会場内での声援も賑やかで選手たちもプレーに情熱を傾けています。もし、フットサルリーグの試合を見たことがないようでしたら、1度会場に足を運んでみませんか?

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます