日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

花見に最適な時期は? 〜東北編〜

そろそろ雪解けも始まり草花が芽吹くころですね。
日本人の一番大好きな花とも言われている桜。
桜のお花見は全国各地で露店が出たり、お祭りがあったりとても楽しい時期でもあります。
さて、東北ではいつが見ごろでしょうか?

宮城県・山形県

東北の南側仙台のあたりでは4月上旬ごろに咲き始めます。今のところ10日を過ぎると満開になると思われます。
山形県では日本海側、酒田市は同じころに見ごろを迎えますが、内陸地方の月山のふもと寒河江市あたりになると雪解けも遅く盆地なので気温差が大きくなる関係上、一週間ほど遅くなります。

秋田県・岩手県

東北の中ほどにあるこの2県はもともと豪雪地帯で山間部も多いので、雪解けもゆっくりです。
桜の開花はおおよそ毎年、4月下旬になります。これから暖かい日が続くと早くなりそうですが、天気がよくて早まっても5日ほどなので満開はゴールデンウィーク前後でしょう。

青森県

東北の一番北に位置するこちらの県では、海に囲まれているので雪解けが早いでしょう。八甲田や岩木山など標高の高い山はしばらく雪が残りますが山の中腹は山桜がきれいなので遠くから見る花見も格別でしょう。
弘前公園のお城を眺めながらの花見が有名です。ちょうどゴールデンウィークにかけて見頃を迎えるので、連休が明けてもしばらくはお花見が楽しめそうです。

桜も品種によって見頃がずいぶん違います。早咲きのソメイヨシノは桜の開花の基準となっていますが、遅咲きの品種だと一か月に咲くものもあります。花見で有名な公園の品種を見ながら、長い期間桜を愛でるのもいいですね。

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます