日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

フットサルではこうやって攻めろ!フットサルオフェンス戦術

フットサルのオフェンス戦術はサッカーと同じようなところもあれば、違うところもあります。フットサルのオフェンスではどのような戦術を取るのが有効なのでしょうか?今回はフットサルオフェンス戦術特集です。

フットサルではこうやって攻めろ!フットサルオフェンス戦術

重要なトライアングル

フットサルのオフェンス戦術とサッカーのオフェンス戦術の似ているところの1つはトライアングルを作るということです。つまり3人が1組になって攻撃を仕掛けるというものです。この三位一体攻撃で重要な鍵を握るのはピヴォです。

ピヴォは全体を見て動く

3人1組で攻撃を仕掛けるときに先頭に立つのはピヴォです。その後ろの左右に、残りの2人が位置を取ります。ピヴォを含めた3人でパスを回しますが、ピヴォは左右に動きながら、相手を揺さぶるようにします。そうしますと相手は何らかの動きをしてきます。そこにチャンスが生まれるようになります。

ピヴォがおとりになる作戦

ピヴォをおとりにする作戦で相手を引きつけてスペースを作り、そこへ他の選手が一気に攻め込みゴールを目指すこともできます。ですから、ピヴォが果たす役割は非常に大きいといえます。

他にもいろいろな戦術が

フットサルのオフェンスの戦術は他にもいろいろとあります。それらを学び実践することによって、得点チャンスを広げることができます。それでオフェンスの戦術を出来るだけ多く学ばれることをおすすめします。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます