日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

寒いときは温泉が良い!効能もいろいろあるよね?

寒くなると温泉も良いものです!その温泉の泉質も色々とあるみたいですよね?肌に優しい温泉とか内蔵に良い温泉とか効能もいろいろあるようです。そんな温泉の泉質の種類と効能を簡単にまとめてみました!

寒いときは温泉が良い!効能もいろいろあるよね?

温泉の泉質にはどんなのがある?

温泉の泉質には単純泉など9種類に分けられます。その泉質により効能などが違ってきます。ここでは大きく3種類に分けてみます。まずは単純泉。単純温泉と言われていて、肌に優しく子供や年配の方に良いと言われます。含有成分が少なく刺激があまりないから即効性には乏しいですね。刺激が少ないからリハビリなどに利用されていて、「神経痛の湯」とも言われてるようです。

塩素系の泉質泉って?

ナトリウム泉とか食塩泉、重曹泉などがあり、打ち身などの効能あります。また湯冷めしにくいようですね。飲用しても用いられています。「傷の湯」「美肌の湯」などとも言われていて、塩分での殺菌効果やお肌がツルツルになるとも言われますね。慢性皮膚病にも効果があるようです。

特殊成分を含む泉質は?

硫黄や含鉄泉や放射能泉、二酸化炭素泉、酸性泉などがあります。放射能泉は「痛風の湯」「万病の湯」で硫黄泉は、「生活万病の湯」高血糖、動脈硬化、高血圧などに効果があります。含鉄泉は「婦人病」貧血や更年期障害などに効果があるようです。酸性泉は「皮膚病の湯」と言われています。

自分の症状にあった温泉で!

ユックリ温泉に入りたいなら単純温泉。打ち身とか痛みなどには傷には、塩素系の温泉。ご婦人の方や慢性的な皮膚病とかは特殊成分の温泉。どんな温泉にも痛みを和らげたりお肌に良かったり同じような効能があります。湯治としてならやはり特殊成分の入ってる温泉に入るとか自分に合った温泉で楽しみたいですね!

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます