日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

温泉は気持ちいいけど岩手には秘湯の温泉があるのかな?

最近は秘湯ブームだけど岩手には秘湯の温泉ってあるのでしょうかね?あるとしたら混浴とか?露天風呂の秘湯も面白いですよね!岩手の温泉で秘湯があるかを調べてみました!

温泉は気持ちいいけど岩手には秘湯の温泉があるのかな?

岩手・奥藤七温泉(野湯)

八幡平アスピーテライン(県道23号線)から見返峠から藤七温泉の方へ進むと藤七温泉の500メートル手前から進行方向を見ると二つの湯船が見えます。そこが藤七温泉の源泉ですが、通称奥藤七温泉と言われているのです。一つの湯船の温度は48度と高くもう一つは38度と適温。野湯だから脱衣所とかなないと思われますから女性の方はご用心!!

鉛温泉の藤三旅館は?

鉛温泉藤三旅館は、昭和17年に建てられていて歴史を感じる建物です。宿泊棟と自炊等に分かれています。「白猿の湯」は日本一深い温泉が謳い文句で湯船の深さが125センチもありたっては居る温泉です。単純泉なのでユックリと入ることが出来ると思いますが、ここも脱衣場が男女兼用なので女性の方は勇気がいりますね。

鶯宿温泉 川長山荘は?

鶯川沿いにある開湯450年の歴史を誇ります。この宿の源泉の湧出量は毎分475リットルをほこり完全掛け流しとなっています。泉質は弱アルカリ性単純泉、マイルドな玉子臭とにゅるにゅるのお湯が特徴です。露天風呂では茶色の湯の花も鑑賞できたりもします。

岩手の秘湯もいいね!

秘湯の温泉はやはり良いものですね。しかし男性なら良いのですけど女性の方は、秘湯のことを下調べしてから行くのがいいと思います。脱衣場がなかったり、兼用の時もありますのでくれぐれも注意してください。そして安全に秘湯を楽しみましょう!!

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます